イーサリアム、ステーキング引き出し機能の実装は来年3月が目標

次期アップグレード実施へ暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のコア開発者は8日、今年最後のミーティングで、次期アップグレード「Shanghai(上海)」は2023年3月頃に実施できるよう目指すことで合意した。理想が3月頃とのことで、まだ実施時期が確定したわけではない。Shanghai後は、ステーキングされているイーサリアムが出金できるようになるため、実施時期に注目が集まっている。Shanghaiでは、イーサリアム開発提案の1つ「EIP-4844」も実装して「Proto-Danksharding」とい…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です