欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示

仮想通貨規制の方向性を提案欧州中央銀行(ECB)のファビオ・パネッタ理事は7日、ロンドンビジネススクールでスピーチを行い、暗号資産(仮想通貨)のリスクと規制方法について話した。今年発生した、旧テラエコシステムの崩壊や、FTX破綻について言及し、「一部の投資家がデューデリジェンス(リスクの精査)を行わず、やみくもに投資していたこと」「仮想通貨企業の相互接続と不透明な構造」が明らかになったと指摘している。パネッタ氏は、仮想通貨は投機的なものに過ぎないが、人々はギャンブルを好むために、仮想通貨は今後も存在し続け…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です