Virtu Financial、カナダのビットコインETFの指定マーケットメーカーとして急浮上

Virtu FinanciaのビットコインETFが絶好調

Virtu Financial(バーチュ・ファイナンシャル)は、OSC(カナダ・オンタリオ州証券委員会)から承認され、カナダで先週デビューを果たしたEvolve Funds GroupのビットコインETFであるEvolve Bitcoin ETF(EBIT)をサポートしており、好調だ。

Virtuは、先週カナダでデビューしたEvolve Bitcoin ETF(EBIT)の指定マーケットメーカーで、ビットコイン市場への同社の最大のスプラッシュを表している。2月19日(金曜日)、トロント証券取引所で取引を開始して以降、運用資産で1,200万ドル、約12億6,000万円を超えた。Virtuは、大規模なポジションを目指している機関投資家向けに、製品の大規模なブロック取引をサポートする予定だ。

EBIT は、
カナダドル建てのヘッジされていないユニット(TSXティッカー:EBIT)
米ドル建てのヘッジされていないユニット(TSXティッカー:EBIT.U)で利用できる。

EBIT は、上場投資信託構造によって提供される作成および償還プロセスの利点を利用することにより、ビットコインの米ドル価格の日々の価格変動へのエクスポージャーを投資家に提供する。EBITの投資家は、コールドウォレットのビットコインブロックチェーンでビットコインを直接所有できるのが特徴だ。Evolveのラージ・ララ(Raj Lala)社長兼CEO(最高経営責任者)は次のように述べている。

最近の制度的採用は、ビットコインの進歩をさらに正当化するのに役立ちました。物理的なビットコインを保持するETFを提供できることは、カナダでは真のゲームチェンジャーです。現在、投資家はRRSPおよびTFSA内の証券口座を介してビットコインに参加できます。ビットコインは他の主要なものとは無相関の価値のあるストアであることが証明されています。今では、資産クラス自体として浮上しています。

急成長市場へ切り込みをかけるVirtu

ファンドの主要なパートナーである指定マーケットメーカーに関する情報はいままで明らかにされていなかったが、Virtuは、Gemini Trust Companyを活用し、このようなブロック取引を行うための基盤を購入する予定を明らかにした。また、Gemini がEBITのビットコインの保有に関してサブカストディアンとして機能することが明らかになっている。Gemini Trust Company、LLCのデビッド・アブナー(David Abner)事業開発責任者は次のように述べた。

カナダで最初の真のビットコインETFの1つを立ち上げる際にRajおよびEvolveETFと協力できることを誇りに思います。Cryptoはファンド発行者に独自の課題を提示し、保管、実行、清算などのファンドサービスにGeminiを利用することで、投資家に真の快適さを提供します。ETFとCryptoの両方のエコシステムを独自に理解しており、この知識をサポートするすべての製品にもたらします。

とはいえ、ビットコインETFの取り扱いは、顧客向けのブロック取引デスクを拡大するというVirtuの信念と一致しているとも考えられ、取引が難しい注文をブロック単位で実行できる専用のデスクを維持してており、ブルームバーグのエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏は次のように語っている。

EBITは健全なデビューを果たしました。新しいローンチは、最も取引されているDayOneのトップ100に入ることができて幸運です。

ETFは現在、米国では承認されていないが、証券規制当局がそのような商品を承認するかどうかについての立場を変えた場合、グレースケール、ヴァンエック、ビットワイズなどの企業がリストされているため、今後の当局の動きにも注目である。

The post Virtu Financial、カナダのビットコインETFの指定マーケットメーカーとして急浮上 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です