「中国の梅雨明け」と同時にビットコインハッシュレートが下がる

雨季の後にハッシュレートが下がる理由

中国でのビットコインマイニングは、少なくとも雨が降っている限り、水力発電が安価であるため、中国の四川省では収益性の高いビジネスだが、雨が降り止んで乾燥してくるとマイニング利益が打撃を受け、ビットコインのハッシュレートに影響を与えている。

AIとブロックチェーンインフラストラクチャー企業Core Scientific(コアサイエンティフィック)によると、ビットコインのハッシュレートの最近の落ち込みぶりは、中国の四川省での梅雨の終わりと直結していると語った。

中国国内におけるビットコインのマイニングは、安価な水力発電を使用しており、雨期が到来する地域で実施されている。6月から10月までの雨期にはダムが満杯になり、電力が健全に供給されるため、ビットコインマイニングは収益性の高いビジネスと言える。

ただし、CoreScientificのブロックチェーン事業開発担当シニアバイスプレジデントであるタラス・クリク(Tarak Kulyk)氏によると、雨が止むと中国でビットコインマイニングをするのは収益性がかなり低くなり、価格は3倍または4倍になると指摘。クリク氏は次のように語っている。

天候は多くの中国のマイナーにとって重要な利益の原動力で、彼らは古い機器を安く買えるが、1年のうち5カ月しか利益を上げられない。

ビットコインのハッシュレートは、ビットコインマイナーの集合的な処理能力の尺度で、ビットコインマイニングはエネルギーを大量に必要とするため、マイナーはエネルギーが最も安い場所を探し、時には国外から脱出する企業も後を絶たない。実際、中国の雨期の影響を受け、エネルギー価格が変化すると、マイナーは移転すると、Blockchain ResearchLabの共同創設者であるインゴ・フィードラー(IngoFiedler)氏は説明している。

アメリカのオルタナティブ

中国と比較して、ビットコインマイニングが行われる他国では、環境要因は必ずしもそれほど多くの比重を持つ要因ではない。一部の中国系マイナーが事業を移転しようとしている。コアサイエンティフィック社も、中国の複数マイナーと協力し、北米に移転しており、同社の力が安定していることなどから、年間を通じて大幅に変化しないためだとクリク氏は移転の理由を述べている。

2020年の間に、ビットコインマイニングに対する中国の優位性はやや低下している。それでもビットコインハッシュレートのかなりの量を制御しており、地元マイナーは、ビットコインマイニングが実体経済とは何の関係もないとの報告を受けて、当局によって一部の地域で補助金付きの電力へのアクセスを遮断することによって打撃を受けている。

The post 「中国の梅雨明け」と同時にビットコインハッシュレートが下がる first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です