20年第3四半期の金市場、中央銀行が10年ぶりの売り越しへ|Gold Council Worldレポート

金を売却する動き20年第3四半期における金のトレンドでは、一部の国の中央銀行が金の売り手側に転じ、売り越しとなったことが分かった。GoldCouncilWorldレポートは、「10年第4四半期以来の状況」と伝えている。ブルームバーグなどが報じた。前期となる20年第2四半期には112トンの買い越し、前年同期は141.9トン買い越しとなっていたが、20年第3四半期の中央銀行による金購入量は―12.1トンの売り越しへ転じた。金の売却をリードしたのはトルコとウズベキスタンで、ロシアも四半期売却に動いたことを13年…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です