ピンチをチャンスにできるか、フラッシュローンがガバナンス投票に利用されたMakerDAO

MakerDaoでガバナンス攻撃暗号資産(仮想通貨)の融資プラットフォームMakerDAOで、フラッシュローンで入手したガバナンストークン「MKR」が、ある提案の投票に利用されたことが判明した。MakerDAOのコミュニティフォーラムによると、不正な投票行動は、イスラエルに拠点を置くスタートアップ、「BProtocol」が意図的に起こしたもので、オラクルのホワイトリスト化提案に対する投票が可決されることとなった。MakerDAO財団はBProtocolチームと連絡を取り、その経緯は両者で共有されている。フ…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です