イーサリアム2.0、ステーキングの課題に増大するDeFiの存在感|ConsenSysレポート

コンセンシスのDeFiレポートコンセンシス(ConsenSys)は、DeFi(分散型金融)の第3四半期レポートを公表した。レポートでは、Compoundのガバナンストークン配布などをきっかけの一つとしてDeFiが盛り上がりを見せたQ3を振り返っている。また、来たる大型アップデートである「イーサリアム2.0」について、新たな懸念点が指摘されていることについても言及した。レポートでは、今期のDeFiを4つのトレンドキーワードで表現した。それは、「AMM」、「ガバナンストークンとイールドファーミング」、「フォー…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です