監査企業Quantstamp「イーサリアム2.0の開発は順調」

ETH2.0の開発は順調スマートコントラクト監査企業Quantstampが、イーサリアムの次期大型アップグレード「ETH2.0」について、開発が順調に進んでいるとの見解を示した。ETH2.0のクライアント「Teku」の監査を終えた後に、コードの質が非常に高いとコメント、QuantstampのCEOは「フェーズ0のローンチは非常に近い」と説明した。1つのクライアントの監査結果がETH2.0のローンチにすぐにつながるわけではないが、予定通り2020年にフェーズ0のローンチが実現するか期待が高まっている。Tek…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です