日銀決済機構局長「デジタル円の導入は国民の理解が大前提」

国民の理解を重要視日本銀行の神山一成決済機構局長は22日、ブルームバーグのインタビューで、中銀発行のデジタル通貨(CBDC)の導入は国民の理解を得られることが大前提になるとの見解を示した。「デジタル円」の実証実験は2021年度の早期に開始できるようにスピード感を持って取り組むが、実際の導入には非常に高度な判断が必要になると説明。最終的に国民の充分な理解を得て、メリットが大きいと確認できないと前には進めないと語った。今月9日には、日銀が個人や企業を含む幅広い主体の利用を想定した一般利用型のCBDCについて取…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です