「ロンドンも有力な移転先候補」リップル社CEOが明かす理由

ロンドンも有力な移転先の一つリップル社CEOのBradGarlinghouse氏が、米国からの本社移転先について米CNBCに語り、規制が明確なロンドンも有力な候補地だとして次のように話した。英国には明確な分類法が存在しており、金融行動監督機構(FCA)は、様々な資産とその採用事例についてどう考えるべきかという方向性を形作る上で、主導的な役割を果たした。英国のデジタル資産分類法は、XRPは証券(セキュリティ)ではなく通貨として使用されているものだと明確にした。リップル社が英国で活動するには有利だろう。関連:…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です