デジタルドルは慎重に──パウエル議長が語る「米国とCBDC(中銀デジタル通貨)」

正しい対応を重視米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は19日、国際通貨基金(IMF)が開催した国際送金に関するパネルディスカッションで、中銀デジタル通貨(CBDC)の発行について慎重な姿勢を示した。1番に発行することよりも、正しく対応を行うことの方が重要だと主張した。米ドルは世界の基軸通貨であるため、CBDCのメリットだけでなく、発行に潜むリスクもしっかり見極める必要があるとの考えだ。米国は「デジタルドル」を発行すると決断したわけではないが、CBDCに関する研究は進めている。今月にはFRBだけなく、米…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です