Dharma主導のUniswap初となるガバナンス提案が承認

DharmaによるUniswap初ガバナンス提案の承認

ガバナンストークンのリリース後初となるUniswapのガバナンス提案が承認される予定だ。ただし、満場一致で賛成されたわけではなく、一部の者は反対したものの、コミュニティはこの変更を歓迎しており、参加率の向上が期待されている。

Uniswap(ユニスワップ)により、10月13日にDharma(ダーマ)DeFiプラットフォームによって開始された初となるガバナンス提案が実施された。今回の投票は、それぞれ300万UNIと3000万UNIのしきい値を実装することにより、提案の提出などを減らすことを目的としている。

提案でなされた説明によると、より多くの人々が提案された変更を提出できるようになるため、しきい値が低くなるとガバナンスへの参加がより民主的になると主張。これは、活気に満ちたガバナンスプロセスの促進に役立つと述べており、投票期間は本日(10月19日)終了する。

Yearn.financeの創設者であるアンドレ・クロニエ(AndreCronje)氏も議論に参加しており、UNIホルダーに対し、変更への賛成票を投じるよう求めているという。現在、圧倒的な数の有権者が参加しており、3,950万人以上が変更に賛成していると海外メディアでも報じられている。だた、注目したいのが反対票を投じた有権者の数だ。約683,000人の有権者がこの変更に反対票を投じていると言われており、70万人近い有権者が反対しているという事実は決して見過ごせない状況だ。

投票をめぐって勃発している論争

しきい値を下げるというアイデアを誰もが評価しているわけではないようだ。その理由として、Dharmaが始めた統治提案は、クジラを支持するかもしれないという批判の対象となっていのだ。コミュニティのメンバーは、この変更がDharmaやガントレットのような大規模なUNIホルダーが有利になることを示唆している。

Pine.financeの創設者であるアグスティン・アギラール(Agustín Aguilar)氏は、自分の優先事項がガバナンスの完全性を維持することであると述べ、この変更に反対票を投じている。

Uniswapは、Sushiswapフォークがユーザーを引き離し始めた直後の9月16日にUNIガバナンストークンをリリースしている。発売後、価格ではないが、使用面では好調であった。これまでのユーザーに400UNIトークンを空中投下するというチームの決定は広く称賛されていたのだ。

DeFi Pulseによると、これは使用されているDEXの中で群を抜いて最も人気があり、26億ドルが固定されていることが分かっている。Dune Analyticsの統計によると、10月のUniswapの月間ボリュームは153億ドル(約1兆6,135億円)で、コインベース(Coinbase)が同じ月に記録した量を大きく上回っている。さらに、Uniswapユーザー数も最も多い42万人を超えている。

The post Dharma主導のUniswap初となるガバナンス提案が承認 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です