バイナンス、35万ドルを6つのDeFiプロジェクトに出資

バイナンス、35万ドルを6つのDeFiプロジェクトに出資

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)は、1億ドル規模の融資サービスの一環として、6つのDeFiプロジェクトに35万ドル(約3,700万円)を出資することが、Decryptoの共同プレスリリースによって明らかになった。

今回の出資は6つのブロックチェーンプロジェクトはAnySwap、Arkane Network、BakerySwap、Bitquery、PancakeSwap、Proximaに対して出資され、新しい分散型金融エコシステムの構築のために行われた。資金提供を受けた6つのプロジェクトは、自動マーケットメーカーやデータプラットフォームからゲームソリューションプロバイダーまで多岐に渡る。

なかでもPancakeSwapは、スマートコントラクトで2億1800万ドル以上を保有しており、BSCで最大の流動性プロバイダーである。これらのプロジェクトは、低ネットワーク料金と3秒のブロック時間を特徴とする取引所独自のブロックチェーンネットワークであるBinance Smart Chain(BSC)によって実行されるとのことだ。

Binanceの創設者兼CEOのChangpengZhao氏は、声明の中で次のように述べている。

業界のインフラストラクチャとテクノロジーの構築に貢献する高品質のDeFiプロジェクトの開発をさらにサポートするために、1億ドルのアクセラレーターファンドを立ち上げました。

バイナンス、1億ドル規模の融資サービスを発表

2020.09.14

またCZ氏は、今回のアクセラレーターファンドには合計180を超えるプロジェクトが申請したと明かしており、チーム、製品、ビジョン、ブロックチェーンエコシステムへの貢献などの厳格な選択基準に基づいて選ばれたとのことだ。2019年からDeFiは高金利の提供と、非カストディレンディングおよび、取引の導入を背景に、仮想通貨業界で数十億ドル規模にまで成長している。

しかし、その一方でDeFiトランザクションの約96%がイーサリアムネットワークで発生しているため、拡張性がなく、ネットワーク需要時に法外に高い手数料がかかるという問題に直面している。そのため、Binanceは自身の集中型分散型金融(CeDeFi)を用いた独自のブロックチェーンで、これらの企業を運用したいと目論んでいるようだ。

実際、これらの運用には多額の資金がかかることは明白だが、BinanceはDeFiの現状を変えるために積極的に資金を投入していると考えられる。

参照記事:Decrypto

The post バイナンス、35万ドルを6つのDeFiプロジェクトに出資 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です