分散型仮想通貨取引所Bancor「米国で受けた訴訟は不適当」

スイス拠点の取引所「米国での訴訟は不適当」米国で訴訟されていた、分散型取引所Bancor(バンコール)の法務チームが、同社の国際的・地理的な性質により、アメリカでの裁判は不適当だと主張した。様々な国に拠点を置き国際的にサービスを提供する仮想通貨業界の裁判を巡る難しさの一つが浮き彫りになった格好だ。同社が受けている訴訟は、米国ウィスコンシン州の居住者が「シンガポールの取引所を経由して、スイスの事業体が発行したトークンを購入した」というものだが、イスラエルとスイスに拠点を構えていることから、米ニューヨークでの…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です