RippleNetとオンデマンド流動性、最新マップで55ヶ国以上をカバー

RippleNetの最新稼働状況年次カンファレンス「Swell2020」に向けて、リップル社が主要プロダクト「RippleNet」と「ODL(XRPを利用するオンデマンド流動性)」の稼働可能地域を表す最新マップを更新した。
出典:Ripple
新マップによれば、現在55ヶ国以上の法定通貨に対応している。ODLはオーストラリア全土、西ヨーロッパ、スカンジナビア地域、全米およびメキシコなどでも利用可能になっており、RippleNetでは、ODLの対象地域以外、中国にある多くの地域、インドやアフリカにある国もカ…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です