コロナ禍でヘッジファンドが軒並み苦戦、仮想通貨ファンドと明暗

仮想通貨を扱うファンドの運用成績好調2020年の運用成績について、暗号資産(仮想通貨)を運用するファンドが、従来型ヘッジファンドよりも好成績を上げていることが分かった。FinancialTimesによると、一般的なヘッジファンドの達成したリターンは、2020年の始めから8か月間で、わずか2%であった。一方、ヘッジファンド調査会社ユーリカヘッジの提供する「EurekaCryptoHFIndex」によると、仮想通貨を運用するヘッジファンドは、同期間で50%を超える収益を上げた事例もみられた。仮想通貨ファンドの…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です