米通貨監督庁トップ、銀行への規制ガイダンス提供で「暗号資産の神秘性を取り除く」

https://cdn.coinpost.jp/wp-content/uploads/2018/07/regulation0801.png銀行へのガイダンス提供が仮想通貨の導入を促す米通貨監督庁(OCC)は、的確な規制ガイダンスの提供が、暗号資産(仮想通貨)導入に対する銀行の懸念を緩和すると期待しているようだ。OCCは仮想通貨を擁護するものではないが、同時に反対もしないという立場をとっている。OCCのトップ、BrianBrooks通貨監督官代理(日本の金融庁長官に相当)は、仮想通貨の成長と採用は時代の必然的…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です