【墨汁速報】イーサリアム上のドル”USDT” テザー社による凍結が100を超える

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

テザー社がイーサリアム上で発行するUSDTのブラックリストアドレスが100件を超えた。テザ―社は仮想通貨取引所のハッキング被害で世界3位となったKuCoinハックなどでもイーサリアムの他も合わせて35億円以上のUSDTを凍結している。

関連記事:【墨汁速報】被害額210億円超えKuCoinハッカー イーサリアムDeFiで盗んだ仮想通貨売却を開始

テザー社のUSDTブラックリストとは?

テザー社のUSDTブラックリストとは、イーサリアム上でUSDTを使用する際のコントラクトの使用をできなくすることで、送金だけでなく受信、USDTをドルに現金化することなどすべての機能を無効にすることを指す。

このブラックリスト化されたアドレス内にはUSDTはトークンとして保有されるが、そのまま価値は保つものの資金移動などを一切できなくすることで、凍結されることになる。テザー社のUSDTの他にも、CircleとCoinbaseによって発行されているUSDCも同様にブラックリスト機能を持ち、過去にUSDCの凍結も実際に行われている。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム上のドル”USDC” 初のブラックリストで凍結実行

 

2020年に入りUSDTブラックリストが加速

The Blockのリサーチによると、2020年7月以降にテザー社のUSDTブラックリストが加速しており、この3ヶ月で2倍以上に上昇していることがわかるだろう。また9月ではKuCoinのハッキングにより35億円以上のUSDTを凍結しており、それ以外は法執行機関による要請などが含まれているという。

 

テザー不審

テザー社の発行するUSDTの時価総額は、イーサリアムに次いで仮想通貨第三位となっており10月現在304億ドルとなっている。一方でUSDTを発行するための裏付けとなっている顧客の預かり金である8億ドルを消失したり、実際には同額保有していないといけないドルを保有していないなど、多くの不審な点が見られる。

このブラックリストもテザー社とBitfinexのこれまでの怪しい動向を見ていると、正当性があるかどうかは定かではない。テザー不審は今後も仮想通貨全体の要注意点となるだろう。

出典:Coingecko 仮想通貨時価総額ランキング

 

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨取引所Bitfinexとテザー社8億ドルの顧客資産を消失 NY州裁判所が資料提出の判決

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や実際のステーキング検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

 

参考:Tether has blacklisted 100 addresses on Ethereum, network data shows

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です