仮想通貨KINを有価証券と判断 NY連邦地裁が判決

暗号資産(仮想通貨)関連企業Kik社のKINトークンの有価証券問題を巡る裁判でニューヨーク南部連邦地区裁判所は30日、米SEC(証券取引委員会)の勝訴判決を言い渡した。ICO資金調達によるトークン販売の有価証券判断において、重要な先例判決となる。Kik社が証券登録あるいは登録免除を申請せずに有価証券の販売を行なったことが証券法に違反したとして、KINトークンを有価証券とすると判断した。この係争は2019年6月より始まったものだ。SECは当時、Kik社を未登録有価証券を販売したことで告訴。被告側のKik社は…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です