ビットコインブロックチェーン、1日で2つの古いブロックが見つかる

古いブロックチェーンが1日に2度見つかる

ビットコインブロックチェーン上に時々古いブロックが現れるが、通常つながっているブロックチェーンと古いブロックチェーンの2つはそれほど接近して表示されないようになっている。

ビットコインと他の仮想通貨に関するリサーチ情報を公開しているBitMEXResearchの調査によると、昨日、ビットコインもブロックチェーン上で2つの古いブロックを確認した。2つの古いブロックは、それぞれ高さ650,473と650,491で見つかっている。

古いブロックは時々発生するものの、滅多には2つ同時に見られる事はない。今年の初めの7月に古いブロックが発生し、8月にはさらに2つのブロックが発生しており、特に危険はないものの、ネットワークにわずかに影響を与える可能性がいくつかある。しかし、今回のように古いブロックが今回のように、短期間の間に何度もやって来ることは滅多にない。

古いブロックは、ブロックチェーンに悲惨な前兆を示すものではないが、ネットワークの伝播が不十分であることを示している。BitMEXResearchによると、古いブロックは無駄な作業、より低いプルーフオブワークをもたらし、ネットワークの攻撃をより安価にする可能性があるという。またより大きなマイナーが有利になり、中央集権化の圧力を高める可能性があるとBitMEXResearchの広報担当者は語っている。

古くなったブロックとは何なのか

通常、ブロックチェーン上に正しくつながっているブロックは一つだと我々は認識しているが、ここで言う古いブロックとはいったい何なのだろうか。

古いブロックとは、ほぼブロックチェーンの一部になっている有効なブロックだが、わずかに失われいる。ビットコインブロックチェーンは、最長のチェーンが勝つという基本的なルールに基づいて動作しており、複数の競合チェーンにブロックが追加されると、長さが長くなり、すべてが競合して最長になる。この一連の流れの中で、短いチェーンの一部のブロックが取り残され、古いブロックが作成される可能性がある。これがここで語った“古いブロック”というわけだ。

古いブロックの潜在的なリスクの1つは、二重支払いを引き起こす可能性があることだ。2020年1月27日、2019年10月以降のビットコインブロックチェーンの最初の古いブロックから3ドルの二重支払いが発生している。しかし、この現象が意図的な攻撃であった可能性はほとんどないと言われている。

古いブロックが引き起こす影響としての二重支払いが意図的に悪意のあるものになる可能性はほとんどないと言える。二重支払いは通常、大きな金銭的見返りを提供しておらず、悪意のある人物にとって魅力的な脆弱性とはほど遠いものだ。さらに、ブロックチェーンテクノロジーの分散性によって、攻撃の成功はネットワークのマイニングハッシュレートの51%を制御することに依存しており、この種の攻撃はほぼ不可能だ。

それでも、そもそも二重支払いはそれほど起こりそうになく、古いブロックは非常にまれであり、攻撃者が発生した場合に備えて二重支払いを試みる価値はないと前出のBitMEXResearch広報担当者は語っている。

記事参照:Decrypto

The post ビットコインブロックチェーン、1日で2つの古いブロックが見つかる first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です