「仮想通貨税制改正で資産ではなく通貨に分類すべき」イスラエル議員が新法案提出

新たな法案を提出暗号資産(仮想通貨)に対する税制見直しを求める法案が、イスラエル・ベイタイヌ党の議員から提出されたことが分かった。同提案によれば、「資産」として分類される仮想通貨に対して、実態に即していないと指摘。ビットコイン(BTC)など一定の条件を満たしている銘柄は「通貨」とするように求めている。資産として現在はキャピタルゲインに対し25%課税されているが、通貨とみなされれば、その対象から外れる。今回の法案を提出したのは、イスラエル議会の4名。仮想通貨が通貨とみなされるには、主に以下の条件を満たす必要…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です