米通貨監督庁ガイダンス、銀行がステーブルコインの準備資産を保管可能に

米銀行がステーブルコイン資産を保管可能に連邦公認銀行(貯蓄貸付組合および国民貯蓄銀行等)が暗号資産(仮想通貨)ステーブルコインの準備資産(法定通貨)を保管することができるようになった。米通貨監督庁(OCC)は新たなガイダンスを発表した。OCCは銀行の規制を担当する連邦行政機関で、最新のガイダンスで、「ステーブルコインの発行者がその裏付け資産を銀行に預けることを希望する場合があるため、連邦公認銀行が保管できるよう許可する」、としている。一方、保管できる対象は、ステーブルコインと1:1の比率として利用される単…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です