米国初のセキュリティトークンによるIPO、最低調達額を突破

米国初のセキュリティトークンによるIPO米国初のセキュリティトークンによるIPOを実施しているINXLimited(以下、INX)が、米証券取引委員会(SEC)が課した最小オファリング要件(最低調達額に設定されていた)である750万ドル(約8億円)の調達額を突破した。SECはINXが行う、最大1億1700万ドル(約124億円)のIPOの最初の750万ドルを、仮想通貨ではなくドルで調達することを要求しており、今回の調達額は全て米ドル建てで取引されたことになる。IPOの要件を満たしたことで、今後は暗号資産(仮…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です