米国は仮想通貨の採用で、ロシアや中国に劣る=Chainalysisレポート

米国は仮想通貨の採用で、ロシアや中国に劣る=Chainalysisレポート

Chainalysisが発表した最新データ「Chainalysis 2020 Geography of Cryptocurrency Report」によると、仮想通貨の採用に基づいて世界154カ国をランク付けしたところ、ウクライナが1位、ロシアとベネズエラが続いて2位にランク付けされた。

Chainalysisのインデックスは、3つのチェーン上のメトリックを調べたもので、1人あたりの購買力(PPP)によって重み付けされたチェーン上の暗号化トランザクションの合計値、PPPによって重み付けされたチェーン上の小売り転送の値、およびチェーン上の仮想通貨預金の数、インターネットユーザーの数によって判断される。またこれらのインデックスには、インターネットユーザー数とPPPの両方で重み付けされたピアツーピア(P2P)仮想通貨取引で行われた取引量も考慮に入れられる。

レポートは、多くの国の暗号化セクター全体で不均一なレベルの開発を示しており、インデックスの一人当たりの重み付けは、大規模な人口のためにチェーン上の預金とP2P取引の数によって、中国などが不利なランク付けになっているとの声もある。

対照的に、P2P取引量別の上位2カ国であるケニアとベネズエラは、他のどの指標でも上位10位にランクインしていないが、どちらも全体で上位5位にランクインしている。つまりP2Pボリュームは、仮想通貨の採用の指標として現地規制取引所の設立を見落とし、結果を歪め、堅固な金融セクターを欠いている発展途上国に有利に働く可能性があるようだ。

Chainalysisはベネズエラを新興国での仮想通貨の採用を促進する優れた例であると説明し、経済の不安定性を緩和する手段としての通常のベネズエラ人の間でのその使用を以下のように強調している。

私たちのデータは、ベネズエラ人が国のネイティブの法定通貨がインフレに対して価値を失っているときに仮想通貨をより多く使用することを示しており、ベネズエラ人は、そうでなければ失う可能性のある節約を維持するために仮想通貨に頼ることを示唆しています。

そのほかにも、このレポートは予期しない洞察を提供しており、地方自治体が仮想通貨を取り締まろうとする初期の試みにもかかわらず、小売およびすべてのチェーン取引の両方の価値でベトナムが2位であったとのこと。また、Chainalysisの上位10か国の中に西ヨーロッパ諸国はランクインしておらず、アメリカが仮想通貨採用についてロシアや中国よりもランクが下という結果になっている。

Chainalysisの発表したGlobal Crypto Adoption Indexにはやや問題とされる部分もあるが、大まかな仮想通貨採用を捉える指標としては実用性があるだろう。

The post 米国は仮想通貨の採用で、ロシアや中国に劣る=Chainalysisレポート first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です