欧州の仮想通貨取引所ETERBASEがハッキングされ、500万ドル以上を失う

欧州の仮想通貨取引所ETERBASEがハッキングされ、500万ドル以上を失う

ヨーロッパの仮想通貨取引所ETERBASEがハッキングを受け、ホットウォレットから500万ドル相当に及ぶ複数の仮想通貨を失った。

ETERBASEはハッキングの状況をツイッターで報告し、BTC、ETH、XRP、TRX、XTZ、ALGOに関連付けられた6つのアドレスがハッキングされたことを明らかにした。ハッキングで失われた金額は明らかにしていないが、The Block Researchがアドレスを調べたところ500万ドルを超えていたとのことだ。

The Block Researchより画像引用

その中でも、ETHのアドレスが約390万ドルと最も多くの資金を失い、続いてXTZアドレスが約47万ドルを失ったとのこと。被害にあったメジャーなERC20トークンは以下のようになっている。

ETERBASEは既に、これらの不正な資金を受け取っている可能性のあるすべての取引所に連絡しており、その間取引所はメンテナンスモードになっているようだ。また、ハッカーに盗まれたトークンはすでに分散型取引所(DEX)のEtherdeltaを通じてマネーロンダリングされており、イーサリアム以外の仮想通貨は仮想通貨取引所に送金されている。

またETERBASEは、ハッキングの詳細を法執行機関に報告しており、「私たちは、ハッカーの攻撃の結果として預金の金額が損害を受けないよう必要なすべての措置を講じていることをクライアントに保証したいと思います。」とコメントした。

The post 欧州の仮想通貨取引所ETERBASEがハッキングされ、500万ドル以上を失う first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です