「仮想通貨基金Bitsonarは意図的な詐欺の兆候があった」元従業員が主張

ビットソナー(Bitsonar)は意図的詐欺を働いた!?

元現職の仮想通貨基金ビットソナー(Bitsonar)の元プロジェクトマネージャーであるヤロスラフ・シュタチェンコ(Yaroslav Shtadchenko)氏は、以前の雇用主の詐欺行為を非難している。

Bitsonarは世界中の投資家から最大250万ドルの仮想通貨を調達し、今夏に破綻した投資会社だ。アメリカ、イギリス、カナダ、ウクライナ、およびその他の国の投資家は、2月にビットソナーが引出しを凍結。8月にウエブサイトがオフラインになって以降は、現在も資金にアクセスできない状態が続いている。シュタチェンコ氏はBitsonarを退職した事で、Bitsonar創設者が出口詐欺を行ったと公に非難を始めた。現在同氏は、アメリカの法執行機関に対し、Bitsonarの創設者であり、ウクライナ政府の元書記であるアレクサンドル・トフステンコ(Alexander Tovstenko)氏に対して訴訟を起こすよう要請している。

シュタチェンコ氏は、トフステンコ氏が拠点を置くキエフのアメリカ大使館を通じ、FBIにトフステンコ氏の刑事犯罪の通知を提出。通知によると、シュタチェンコ氏は、マーケティング戦略とウエブサイト開発に関する「コンサルティングサービスを提供するために」2018年半ばにトフステンコ氏に雇われた。しかし、2020年の春にシュタチェンコ氏は以下のように述べている。

Bitsonarは実際には金融ピラミッドであり、そのすべての活動は投資を誘致することを目的としておらず、投資することを意図していないことを認識し始めた

また、Bistonarの投資家のためにお金を稼ぐことになっている取引ボットが、実際には「意図的に詐欺の明らかな兆候である手動で操作された」ことを理解したと明かしている。

シュタチェンコ氏は通知の中で、銀行詐欺、証券詐欺、およびアメリカに対する大規模な詐欺を含む6つの犯罪についてトフステンコ氏を非難しし、Europol(InterpolのEropean支店)とウクライナの法執行機関への不満を見つけることも計画していたと語った。

2020年7月、Shtadchenkoは、偽名“ジャン・ジャンク(Jan Janak)”の下でロシア語の仮想通貨関連のForklog誌にインタビューを行い、トフステンコ氏が出口詐欺をしていると非難した。また、ビットソナーの古いウエブサイトでトフステンコ氏に対するシュタチェンコ氏の非難を公表し、ソーシャルネットワークでトブシュテンコ氏の連絡先情報とアカウントを提供した。

8月27日、シュタチェンコ氏はキエフで行方不明になったが、4日後には発見されているが、明らかに拉致がウクライナの法執行機関による特別な作戦であったと述べている。同日、ウクライナのセキュリティサービスは、仮想通貨会社で働いている「ITビジネスマン」の契約殺害を防ぎ、彼の「パートナー」を逮捕した。その後警察当局はシュタチェンコ氏の逮捕につながる有力な情報提供者に5,000ドルの報奨金支払う事を発表した。

記事参照:CoinDesk

The post 「仮想通貨基金Bitsonarは意図的な詐欺の兆候があった」元従業員が主張 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です