英金融企業Ziglu、FCAライセンス取得でP2P決済を開始

英金融企業Ziglu、FCAライセンス取得でP2P決済を開始

英国に本拠を置く金融企業Zigluは、金融行動監視機構(Financial Conduct Authority / FCA)からElectronic Money Institution(EMI)ライセンスを取得し、P2P決済を開始する。Zigluはライセンスを取得した国内で2番目の会社になるとのことで、ユーザーはP2Pの仮想通貨と法定通貨の支払いを相互に利用できるようになる。

FCAの公式ウェブサイトによると、Zigluは申請に4、5か月の期間を要し、9月1日に正式にEMIライセンスを受け取ったようだ。また同社は6月にローンチされ、仮想通貨ユーザーがあらゆる形式の通貨をシームレスに購入、送信、および受信できる新しい支払いゲートウェイを提供することを約束している。

ZigluのCEOであるMark Hipperson氏によると、当初、同社はZigluからZigluへの顧客の仮想通貨転送のみをAMLD5指令に準拠する形で許可する予定であったが、9月7日以降、このプラットフォームではビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の4つの仮想通貨および、イギリスポンド(GBP)でのP2P決済が可能になるという。

さらにHipperson氏は、Zigluが9月後半にXRPを始めとする、他の仮想通貨の追加に取り組んでいることを明らかにしており、英国のクリプトチャレンジャーバンクであるRevolutのステップに従って選択した数の通貨を提供し、外部の仮想通貨ウォレットへの転送はサポートしていないとのこと。

Zigluでは仮想通貨と法定通貨の保有者は、50,000ポンド(約66,100ドル)まで保険がかけられ、プラットフォームでの取引ごとに1.25%の手数料が請求される。

Zigluは今年6月にシードラウンドの資金調達で525万ポンド(約694万ドル)を調達し、 同社がクラウドファンディングを通じて機能を増やし、市場基盤を拡大することを目指しているとHipperson氏は語っている。またHipperson氏は、プラットフォームが現在数千の顧客にサービスを提供していることを確認しているが、今後6〜7年で1億人以上をターゲットとしてこれらの顧客をプラットフォームに引き込むための機能を追加する予定だ。

Zigluは、MasterCardクリプトデビットカードをはじめ、グローバルアカウントに機能を追加することも計画しているとのことで、デビットカードを使用することで、ユーザーはウォレットから仮想通貨と法定通貨を直接使用できるようになる。

Zigluは現在イギリスの顧客のみに焦点を当てているが、今後数か月でヨーロッパの一部の州に拡大する予定だとしており、ヨーロッパの他の州については2021年上半期末までに追加され、2021年上半期末までに米国市場に参加する予定を明らかにした。

The post 英金融企業Ziglu、FCAライセンス取得でP2P決済を開始 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です