BTC批判派ピーター・シフ、「金は正しかったが、ビットコインには間違っていた」

BTC批判派ピーター・シフ、「金は正しかったが、ビットコインには間違っていた」

ビットコイン批判派で知られるPeter Schiff(ピーター・シフ)氏は、これまでビットコインへの反対意見を述べてきたが、先月に金(GOLD)が史上最高値まで上昇した際に、ビットコインが崩壊しなかったことで、予測に少なくともいくつかの間違いがあったことを認めた。

9月6日にSchiff氏は、米国の仮想通貨取引所Geminiの創設者であるTyler Winklevoss氏とTwitter上で、ビットコインの8月17日の年間高値が12,000ドルを超え、先週の1万ドルを下回ったことについて意見を交わした。Winklevoss氏は、ビットコインのベースラインが10,000ドルになると予測したが、一方でSchiff氏は、ビットコイン(BTC)がクラッシュする前に統合される可能性があると反対意見を述べていた。

Schiff氏はビットコイン相場について「10Kのサポートレベルがテストされるほど、そのレベルは低下します。また、すべての投資家は直ちにすべてのビットコインを売却すべきです。」と述べた。

ビットコインが50ベーシスポイントの利下げに続き、最近の株式や金市場のボラティリティで価格を回復しないのであれば、この先どうやって価格を回復させるのでしょうか。価格が上がらないビットコインを保有する必要があるのでしょうか?

しかし、あるツイッターユーザーは、金が急騰するにつれて、ビットコインの価格が下がるというSchiff氏の7月5日の予測のスクリーンショットを投稿し、その間違いを指摘したところ、「私は金には正しかったが、ビットコインには間違っていた。後者はなんとか抵抗を乗り越え、最大で$ 12,000まで回復しました。これは主に、金の便乗効果と、グレースケールによる大規模なテレビ広告の購入によるものです。」と、その間違いを認めた。

金とビットコインの1か月間の相関性

Skew Analyticsによると、金とビットコインの1か月間の相関は、8月上旬に過去最高の68%に達しており、これを書いている時点では、金の価格は1オンスあたり1,934ドルであり、8月6日に史上最高の2,089ドルに達して以来、7.1%だけ下落している。

ただし、ビットコインの現在の価格は10,251ドルで、今年8月2日に初めて12,000ドルを超えてから15%減少しているため、2つの資産の相関関係は過去2週間で0-20%近くに留まり、9月には2.6%に一時的に落ち込んでおり相関関係があるとは言えないようだ。

現在のところビットコインと金との相関は高くないが、以前の価格相関と先物市場の傾向を考慮すると、仮想通貨は2020年にデジタルゴールドになる予定だという。またSkew氏によると、金には27.22%の年初来(YTD)のリターンがあり、ビットコインには42.36%のYTD利回りがあるとのことだ。

The post BTC批判派ピーター・シフ、「金は正しかったが、ビットコインには間違っていた」 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です