バイナンスCEO 、Defiバブルを「超ハイリスク」と警告

バイナンスCEO 、Defiバブルを「超ハイリスク」と警告

DeFiは分散型金融の世界で広く採用されているが、CZとしても知られるバイナンスCEOのChangpeng Zhao氏は、DeFi バブルと呼ばれるストーム発生の可能性について、ツイッターで「Super high risk. Be cautious!(超ハイリスク。注意してください!)」と警告した。

これはDefiアプリケーションの流行もあり、今年だけでもDefiトークンはこれまでになく高騰し、価値が固定されるにつれて投資の関心も高まりによる発言だ。ただし、CZ氏はDefiトークンの増加に伴い、固有の値を持たないトークンのリストが増え、「近い将来の参加者の市場価値に大きな影響を与える可能性がある」と警告しているようだ。

実際、多くの業界関係者が仮想通貨領域での影響について、DeFiを絶えず賞賛していることもあり、CZ氏のDefiに対する警告は非常に少数の意見の1つであり、あまり重要視されていないように感じる。しかし、CZ氏はコインステーキングは恒久的になる戦略的な市場慣行であると説明し続けており、新しいトークンの流入に助けられている現状では危険因子が高いことを警告。すでに関与している参加者に注意を払うよう促している。

Defiトークンに懐疑的な意見多数

ツイートの受信側には、DeFi市場はもちろん、多くの仮想通貨ユーザーがCZ氏をフォローしているため、DeFiトークンの採用率が非常に高い場合でも、多くのユーザーはCZ氏と同様にDefiトークンには懐疑的な見方を示している。というのも、DeFiトークンの合計ロック値が2日前に90億ドルに達しているが、それにもかかわらず、Defiトークンが根本的に有益でなければ、全体的な価値が低下する可能性を懸念しているようだ。

一方、バイナンスがCZのツイートに関係なく、Defiトークンを採用は拡大を続けており、今年の需要の増加に伴い、バイナンスは多くの業界関係者と提携して、バイナンスプラットフォームでDeFiステーキングを開始している。オントロジー(ONT)トークンがプラットフォームに公開された後、Binanceはビットコインの価格に固定された新しいERC-20トークンであるラップビットコイン(WBTC)を追加している。

批判はあるにせよ、現状ではDeFiプロジェクトは仮想通貨コミュニティで最も有望なものの1つのままであり、イーサリアムで最も人気のある分散型取引所(DEX)Uniswapが取引量でCoinbase Proを上回っているため、投資家もDeFiの波が減速していないと予想しているようだ。

2020年の終わりまでにロックされたDefiトークンの値が90億ドルを超える可能性が高く、金利が途切れないままであるならば、おそらく150億ドルから200億ドルまで到達すると考えられる。

The post バイナンスCEO 、Defiバブルを「超ハイリスク」と警告 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です