米内国歳入庁、仮想通貨に係る新たな課税対象を公表

IRSの動き米内国歳入庁(IRS)が最新の行政文書(覚書)で、新たな仮想通貨課税対象を公表したことがわかった。新たに、「クラウドソーシング」のプラットフォームで実行されたマイクロタスクの完了で得られる報酬を「仮想通貨」で取得したケースも課税所得になると公表。1ドル以下の小額の報酬の受領など、小額決済も対象になると明確にした。「クラウドソーシング」は、オンライン上で様々な仕事の受注を行う仕組みのことで、業務を専門とする業者が行なっていた仕事を不特定多数のメンバーが集まって作り上げる仕組みや、オンライン上の小…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です