バイナンス、オントロジーと提携 「分散型ID」活用でSTO市場に新たな一手

バイナンスがオントロジーの分散型IDフレームワークを採用大手仮想通貨取引所バイナンスがオントロジーと提携、セキュリティトークンオファリング(STO)プロジェクトに、ONTIDのフレームワークを採用することが分かった。
バイナンス@binanceのスマートチェーンと提携いたしますオントロジーのONTIDフレームワークを統合し、TAGと呼ばれる信用アンカーゲートウェイを採用することで、バイナンスは、STOのプロセスへの参加者の本人確認、資産の承認についてより簡単に行うことができます。https://t.co/…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です