DeFiプラットフォームYearn.Finance(YFI)、わずか1か月で価格が10倍に

DeFiプラットフォームYearn.Finance(YFI)、わずか1か月で価格が10倍に

分散型金融プラットフォームYearn.Finance(yEarn)のガバナンストークンYFIは、ビットコインの史上最高価格を大きく上回り、1トークンあたり38,000ドルを超えた成長を続けている。

YFIトークンの供給量はわずか30,000YFIで、すでに29,962が市場に流通しており、トークンは8月初旬に約3,500ドルと評価されていたが、今月だけでも約10倍の価値成長を示している。現在、YFIの価格は32,000ドルでサポートされており、このレベルで比較的強い取引を保持しているようだ。

TradingViewより画像引用

Yearn.financeは分散型のトークン集約プラットフォームであり、今年人気が爆発した取引所で、様々な異なるDeFiプロトコルからの情報を照合し、ユーザーが選択して取引するのに最適なトークンについて明確なアイデアを提供している。しかしYFIトークンは元々、ファシリテーターが様々なネットワークの決定に投票するために使用するガバナンストークンとして作成されたが、現在では一般的に投機的な資産と見なされるようだ。

イールドファーミングは、仮想通貨シーンにヒットする比較的新しい活動であり、利益を得るために仮想通貨を貸し借りすることを指し、比較的安定して利益が挙げられるというメリットがある。実際、今週末だけでもYFIトークンの1日の取引量は約6,000万ドルから約9億ドルに爆発しており、現在、BitmexのCEOであるArthur Hayes氏は、YFIトークンが100,000ドルを超えると信じているとのことだ。

その一方で、yEarnのクリエーターであるAndre Cronje氏は、仮想通貨コミュニティからの批判により、プロジェクト辞めることを検討しているとコメントしたが、このような発言をするのは初めてではなく、yEarnができる前に一度彼はプロジェクトを離れている。これは、yEarnプロトコルを構築し、すべての人々にとってより優れた分散型プラットフォームを作成しているにもかかわらず、Cronje氏はプロジェクトでの決定権が大きすぎるとして批判されており、YFIガバナンストークンを作成し、ユーザーが決定を下せるようにしたという経緯があるようだ。

このように元々は投票目的でのみ使用される予定で、価値のないトークンとして意図されていたにもかかわらず、Cronjeはこれまでで最も価値の高いトークンを誤って作成したようだ。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です