米司法省、北朝鮮ハッカーの仮想通貨口座を差押える意向

米司法省が告訴米司法省は27日、北朝鮮のハッカーが所有する仮想通貨(暗号資産)アカウントの差押えを行う目的で、訴訟を起こしたと発表した。対象となっているのは280アカウントで、2箇所の取引所のハッキングに関与した疑いが持たれている。検察官によると、盗まれた資産は一連の仮想通貨取引所(名前は伏せられている)および中国に所在するOTCトレーダーを通してマネロンが行われた。BrianRabbitt司法次官補代理は声明で、「我々の調査は、北朝鮮のサイバーハッキングプログラムと中国の仮想通貨マネロンネットワークのコ…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です