仮想通貨CeloがCoinbase Proの上場発表で急上昇

仮想通貨CeloがCoinbase Proの上場発表で急上昇

米国の仮想通貨取引所Coinbase Proは、ブロックチェーンプラットフォームCeloのネイティブトークン「CELO」を上場するを発表したことに伴い、CELOの価格が急上昇したことが確認された。

CELOは過去最高の2.70ドルを超える史上最高値に急上昇を記録し、過去24時間にコインはUSDとBTCの両方で約55%増加し、他のCELO市場も熱狂的に反応しており、記事の執筆時点でCELOは4.45ドルを記録している。

Tradingviewより画像引用

Coinbase Proは8月31日からCELOの預金の受け入れを開始し、9月1日午前9時(PT)に取引が開始され、4つのペアリングをサポート。ビットコイン(BTC)、USD、EUR、GBPに対してCELOを取引できるようになる。Coinbase Proは、CELOの取引に関して順番に段階を進める予定であり、まず預金が開始され、トレーダーが注文帳を記入できるよう指値注文の実行を可能にし、最後に完全な取引機能に移行する4つのフェーズで進められる。

仮想通貨CELOは、Coinbase Proが昨年9月に発表した上場検討銘柄リストに入っていた銘柄で、フェイスブックが主導するリブラに対抗して金融包摂を目指すプロジェクトとして注目を集めているプロジェクトだ。CELOトークンはプラットフォームのガバナンストークンとしての役割も兼ね備えており、利用者はCELOのプラットフォーム上でプロトコルを利用する通貨の送金などが可能となっている。

さらにCELOは、独自のAlliance for Prosperityという協会団体を持っており、協会にはウォレットメーカーとして知られるLedger、ブロックチェーンプロトコルプロバイダーBison Trails、仮想通貨カストディアンのアンカレッジなどの50の企業が参加している。

今回のCELOの爆発的なパフォーマンスは、6月に行われたCoin Metricsによる分析でも予見されていなかったもので、Coinbase Proリストの価格への影響が過大であると指摘されている。また、Coinbase Proのリストは同様に、今月初めにNumeraire(NMR)とBand Protocol(BAND)の値動きを促進しており、リストの発表から数日で150%と250%以上の増加を記録している。

Coinbaseは2019年9月に取引所がCeloのトークンをサポートすることを最初に呼びかけており、そのとき、取引所はCeloを上場を検討している17のまだ立ち上げられていないプロジェクトの1つとして発表した。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です