BTCマイニングの電力供給には、推定7つの原子力発電所が必要

BTCマイニングの電力供給には、推定7つの原子力発電所が必要

ビットコイン関連の電力消費量は今年、過去最高に達し、疑わしい仮想通貨のの追跡により7ギガワット以上の電力が消費されている。Cambridge Center for Alternative Financeの調査レポートによると、世界のビットコインマイナーは合計7.46ギガワットを使用しており、これは約63.32テラワット時のエネルギー消費に相当し、これらの電力を賄うためには7つの原子力発電所が必要とのこと。

調査はまた、マイナーが今年kWhあたり約0.03ドルから0.05ドルを支払っていることにも言及しており、3月時点の見積もりでは、ビットコイン一枚を採掘するためのコストは約7,500ドルであるとすると、平均的なマイナーは操業から4,000ドル以上の利益を上げることができる計算になるとのことだ。

今日のビットコインマイニング操作は、カザフスタンの倉庫に設置された50,000台の最先端のリグに対して専用のデスクトップマシンを実行している単一のユーザーと同じくらい小さく、ビットコインコンセンサスアルゴリズムを競合よりも速くハッシュすることを目標にしている。

現在、ハッシュレートと呼ばれる、マイニング専用の処理能力の総量は、毎秒約120エクサハッシュ(EH /秒)であるが、業界アナリストはその数字はすぐに増加すると推測している。Bitoodaの責任者は、次のように述べている。

私たちの評価では、ビットコインネットワークは今後12〜14か月でハッシュレートで260EH /秒を超える可能性があります。利用可能な電力容量が9.6から10.6GWにわずかに増加したことと、古い世代のS9クラスのリグを新しいS17および次世代のS19クラスのリグに置き換えるアップグレードサイクルが原因です。

ビットコインマイニングに関しては電力の無駄遣いによる環境への影響を批判されており、ビットコインのハッシュレートが上がる度にこの問題は顕著になってくる。しかしその一方で、ビットコインマイニングの74.1%は水源などを利用した再生可能エネルギーを電力源としているという研究結果も出ており、一概に環境への影響が大きいとは言えないようだ。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です