テザー、1日の平均転送額がビットコインを上回る

テザー、1日の平均転送額がビットコインを上回る

テザー(USDT)の1日あたりの平均送金額が、ビットコインとPayPalを上回っていることが明らかになった。

CoinMetricsの調査レポートによると、USDTの7日間の平均調整済み転送額は8月20日時点で35億5,000万ドルを超えており、調査によるとビットコインの送金額29億4,000万ドルと比較して、約20%高い数値を記録しているという。

テザーとビットコインの転送値。 出典:CoinMetrics

CoinMetricsより画像引用

最近のテザー(USDT)使用の急増は、DefiおよびUniswapなどのトークン交換プロトコルによって引き起こされており、6か月間の急速な成長に続いてUSDTの1日あたりの平均送金額は、チェーン上の送金の市場シェアをどんどん奪い続けようやくビットコインを追い抜かしたようだ。

エコノミストのJohn Paul Koning氏はTwitter上で、PayPalの第2四半期のレポートについてオンライン決済大手であるpaypalの1日あたりの平均振替額もテザーの29億4,000万ドルを下回っていることを明らかにした。しかし、PayPalでの積極的に監視されたトランザクションと、主に匿名のテザートランザクションでは、公正な比較ができない場合があることは留意しなくてはならない。

またテザーのレポートによると、世界で最も人気のあるステーブルコインは今年、供給面で指数関数的に成長し現在130億ドルを超えており、2020年の初め以来テザーの供給は225%増加し、減速の兆しはほとんど見せていない。さらに、BitfinexのCTOであるPaolo Ardoino氏は、今年の供給が200億ドルに達する可能性があると確信しているようだ。

Jan Ludovicus van der Velde氏は、成長が現在の経済状況にあると考え、「これらの不確実で困難な時代の中で、デジタル通貨の実用性、安全性、実行可能性が最前線に立っています。また、人々は時代遅れの銀行と支払いシステムに代わるものを探しています。」と述べた。

その一方で現在、USDTの約3分の2がイーサリアムで使用されており、ネットワークの速度が低下し、使用コストが高くなっている問題があり、ガスステーションによるとUSDTは、過去30日間のガス使用量が860万ドルで2番目に高いネットワーク料金源であるとのことだ。

イーサリアムの使用料が増え続けているため、テザーはその供給の一部をレイヤー2ソリューションOMGネットワ​​ーク、EOSおよびTronブロックチェーンなどの高速ネットワークに移行している。今後もテザーおよびイーサリアムのガス使用量は増加していくと見られており、スケーラビリティの問題をいち早く解決する必要があるだろう。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です