「大手銀行のマネロンリスクが最も高い」メキシコ金融当局の調査報告書

大手銀行のマネロンリスクが一番高いメキシコの金融情報局(UIF)が、従来の銀行部門におけるマネーロンダリングのリスクが一番高いとの調査報告書を発表した。金融セクターで最もリスクが高いと査定されたのは、同国銀行部門の資産のほぼ80%を占める7つの大手銀行(BBVA、Santander,、Citibanamex,、Banorte、HSBC、Scotiabank、Inbursa)と、為替取引銀行だった。調査では、金融活動の量、ユーザー数、およびトランザクション量などを分析。これらの銀行は最も厳しく規制されている…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です