仮想通貨取引所FTX、Blockfolioを1.5億ドルで買収

仮想通貨取引所FTX、Blockfolioを1.5億ドルで買収

仮想通貨デリバティブ取引所であるFTXは、人気のある仮想通貨ポートフォリオアプリBlockfolioを1億5000万ドルで買収した。

2019年にローンチされたFTXは、幅広いデリバティブを含む機関投資家向けの市場に新商品を迅速に提供しており、サム・バンクマン・フリード最高経営責任者(CEO)は、ブロックとのインタビューで、ブロックフォリオの買収は同社が小売市場での足跡を拡大するのに役立つと語った。

買収契約は、2つの企業が新製品で協力する方法についての初期の議論から生まれたもので、Blockfolioは仮想通貨取引で得られた価値をどのように獲得できるかを調査しており、バンクマン・フリードCEOは、「私たちがどのような製品と協力できるかを話し合い、それは数ヶ月の間に変化しました」と述べている。

バンクマン・フリード氏によると、この取引は株式、FTXのネイティブトークン、現金を組み合わせたもので、彼は今回の買収について買収者がスクラップのために買収した会社を解体し、後者の創設者にキャッシュアウトを提供するタイプではないと付け加え、FTXはBlockfolioを「大幅に大きく」することを約束していると付け加えた。

すでに、Blockfolioは600万人のユーザーを抱えており、1か月あたり約1億5000万のインプレッションを獲得しており、今後もこれらのユーザーはサービスを利用できる。Blockfolioの共同創設者であるEd Moncada氏は次のように述べている。

Robinhood、Cash App、Paypal、Coinbaseなどのアプリで数十億ドル、数億人のユーザーを見ると、理論的に可能であるだけでなく実際にここで達成された成長のスケールの感覚を得ることができます。また、私たちはすべての人を調整しており、買収後にチームは大きく成長するでしょう。

現時点では、Blockfolioがより広範なFTXの傘下にどのように適合するかは明確ではないが、 FTXは米国、FTX.USで小売業に特化した取引所を運営しており、暗号化プロトコルSolanaと協力して分散型取引所であるSerumを構築していることもあり、同じように協力関係のもと運営されていくとみられている。

また、Blockfolioへの投資家であるPanteraのPaul Veradittakit氏は、「Blockfolioは、多くの人々がエコシステムに参入するためのエントリーポイントです。物事を収益化する方法はたくさんあります。資産管理から情報まで、さらには税金などのことまでです。」と述べている。

最近、仮想通貨関連のM&Aが加速しており、仮想通貨データプロバイダーであるCoinMarketCapがBinanceによって買収されたことも記憶に新しく、同様の方法でFTXが小売市場に浸透するための大きなトップファンネルを作成する可能性がある。ギャラクシーのChris Ferraro氏は2020年後半にM&A活動がさらに活発化することを示唆しており、ギャラクシーのような大規模な取引を通じて企業を導くアドバイザリービジネスも加速していくだろう。

記事参照:The Block

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です