コインベースCEO、「Appleが仮想通貨を敵対している」

コインベースCEO、「Appleが仮想通貨に敵対している」

コインベースとAppleは、コインベースアプリをApple Storeからアプリケーションを削除する可能性があると顧客に警告した後も、関係はうまくいっていないようだ。

仮想通貨取引所コインベースのCEOであるブライアンアームストロング氏は、Appleが仮想通貨の一部の機能を引き続きブロックしていることをツイートした。アームストロング氏は「Appleは、長年にわたって仮想通貨に対して非常に制限的で敵対的でした。タスクを完了して仮想通貨でお金を稼ぐ機能や無制限のdappブラウザーなど、一部の機能はまだブロックされています。」と述べた。

2019年12月、AppleとGoogleの両方のアプリストアは、ネットワークからdAppsを削除したいと考えていたようで、12月にコインベースは、アップルのApp Storeポリシーを満たすために、アプリケーションからdAppブラウザーを削除する可能性があることを顧客に警告していた。

これに対してアームストロング氏は、「おそらく他のアージェント、メタマスクなどのウォレットも同じ対応を迫られることになるだろう。これはCoinbaseだけの問題だけでなく、仮想通貨全体のエコシステムに対するかなり大きな脅威だ」と述べた。Appleが仮想通貨に参入しようとしているかどうかは明確には明らかになっていないが、Apple Payの副社長を務めるジェニファー・ベイリー氏は「我々は仮想通貨を面白いと思っている。長期的には可能性があると考えている」と述べている。

App Storeは最近、アプリ開発者やパブリッシャーに与える不当な条件のために非難されており、最近ではウォールストリートジャーナル、ニューヨークタイムズ、およびゲーム開発者のエピックゲームズは開発者のためにより公正な条件を求めてAppleに声をあげている。

特に、人気ゲームアプリ「フォートナイト」の運営会社であるエピックゲームスは、アプリ内課金のコンテンツをアップデートしたことで、アプリがAppストアから削除されたことを理由に訴訟を起こしている。これに対して、エピックゲームスのティム・スウェーニーCEOは「全ての開発者が平等な利益を得られるようなプラットフォームに変更すべきである」と述べている。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です