イラン、1,000を超える違法マイニング施設を閉鎖

イラン、1,000を超える違法マイニング施設を閉鎖

イランの発電・配電・送電会社Tavanirは、国内の違法なマイニングファームを1,100ヶ所閉鎖した。閉鎖のきっかけとなった内部告発者は、7月の1億リアル(約2,400ドル)を含む報酬の発表に続いて、許可されていないファームを当局に情報提供したようだ。

Tavanirの次官であるMostafa Rajabi Mashhadi氏は今回の件について、電力会社は消費パターンを調査するだけではすべての違法なマイニングファームを検出することはできないため、以前は非合法なマイニング活動が行われていたと語った。

イランのビットコイン(BTC)マイナーは、昨年7月に認可を受けたが、その後、高電力料金について不満を述べており、一部の企業は、補助金を受けた電力を使用して地下での運用を開始している。しかし、Rajabi Mashhadi氏によると、一部のマイナーは、検出を回避するためにすでに電力集約型の産業用および農業用ユニットに機器を設置しており、タバニールの監視ではこの特定のカテゴリの消費量の変化を見つけることができなかったと彼は付け加えた。

Financial Tribuneの報告によると、2019年以降、イスラム共和国は624のマイニングファームに許可を発行しているが、先月、イランのEshaq Jahangiri Kouhshahi副大統領は、すべてのマイナーはまもなく政府に登録する必要があるという。

イランの最大のドローカードはその安価な電力であり、ウクライナや中国から遠く離れたところからBTCマイナーを引き込んでおり、公式データによると、国内のマイニングファームは1キロワット時(kWh)あたりわずか4,800リアル($ 0.01)の電力しかかからず、6月から9月の夏のピークシーズンでは、料金が4倍に増加して19,300リアル($ 0.05)になるとのこと。

また、news.Bitcoin.comが報告したように、州の電力会社は7月に、合法化された鉱業を奨励するために、ピーク消費期間中にマイナーの電気料金の最大47%を削減すると発表している。ただし、インセンティブの対象となるには、ビットコインマイナーは100万台の古いエアコンの継続的な交換を含むタバニールの「電力効率プロジェクト」に参加する必要がああるとのことだ。

イラン政府のビットコインへの魅力は政治的および経済的なりょ右方の側面を持っており、主に米国からの財政的自由の欲求に動機付けられているようだ。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です