ドイツ、ブロックチェーン活用のデジタル証券化への動き

ドイツ、ブロックチェーン活用のデジタル証券化への動き

ドイツでは、デジタル化された証券を初めて国に導入する新しい法律が制定され、連邦政府のブロックチェーン戦略に法的根拠が与えられる。

この措置は、連邦財務省(BMF)と連邦司法消費者保護省(BMJV)が今週立法案を発表したもので、ブロックチェーンテクノロジーを通じてドイツの証券へのアプローチを近代化することを目的としているとのこと。出版物に付随する声明によると、規制当局はデジタル化された証券を将来のドイツのブロックチェーン戦略の中心的な側面と見なしているため、今回のようなしっかりとした法整備がなされたのだと考えられる。

ドイツの現在の規則では、証券を文書で保護する必要があり、紙の証明書は基本的な法的要件であるため、デジタル証券にブロックチェーンを使用し機器をブロックチェーンに記録し、デジタル機器のコンプライアンスと流動性を保証することで、この必要性を排除することができるようだ。

また、規制当局は新しい法案はデジタル証券のあり方に明確化をもたらすと述べ、連邦金融監督庁がブロックチェーンベースの証券の主要規制当局として監督を認めており、BaFinとして知られている規制当局は、証明書の発行を監督するとともに、銀行法に基づく義務と権限に沿った元帳の維持を規制することになる。

この動きにより、デジタル化された証券の採用に向けた世界的な動きが強まる中、ドイツは世界中の他の国と並ぶようになり、7月に米国は、デジタル化された財務省証券のための新しいイーサリアムを活用したファンドで争いに加わっている。さらに、6月に東海東京フィナンシャルホールディングスは、日本でデジタル証券取引所を立ち上げると発表しており、これによりブロックチェーンでのデジタル証券の発行および販売が可能になるとのことだ。

デジタル化された証券は、将来の金融においてますます主流の役割を果たすと予想されており、このテクノロジーは、証券の現在の取引方法と比較して、大幅な効率とコスト削減をもたらすと考えられている。現在、ドイツでの法案が検討されており、証券法を近代化するための次の措置を講じる新たな国になると見られている。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です