北米と東アジアで仮想通貨投資動向に差異、銘柄比率や取引頻度を比較=レポート

北米と東アジアで投資家動向に差異ブロックチェーン分析企業Chainalysisが北米の仮想通貨市場についてレポートを発表。日本や中国、韓国を含む東アジア市場との違いが見られることが分かった。北米ではよりビットコイン(BTC)が好まれ、仮想通貨を購入後ホルドする比率が高いという。ビットコイン比率が高い北米
出典:Chainalysis
ビットコインは、すべての地域で最も人気のある仮想通貨であるが、北米ではすべての銘柄の出来高の72%を占めていた。この比率は、アジア地域、アフリカ、ヨーロッパなど他の地域と比べ…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です