米FRB理事、リアルタイム決済システムの実用化「なるべく早く」

米連邦準備理事会(FRB)のLaelBrainard理事は6日のウェビナーで、FRBが新しい高速決済サービス「FedNowサービス」を可能な限り早く実用化する意向を伝えた。現実的には、2023〜2024年までに実導入されない可能性もあるとしつつも、サービスの実用化を急ぐことで、新型コロナウイルスの感染拡大に見られるリアルタイム決済システムの需要拡大に対応する考えを示した。6日にFRBが公表した「FedNowサービス」の詳細では、ローンチ予定は当初予定された2023〜2024年として変更はないと説明している…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です