Bitfinexが2016年ハッキング事件の情報に「4億ドルの報酬」

Bitfinexが2016年ハッキング事件の情報に「4億ドルの報酬」

仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)は、2016年8月にハッキングで失われたビットコインを回収するのを支援した人々に、最大で4億ドルの報酬を出すことを発表した。

Bitfinexは、2016年8月のハッキングで失われたビットコインの回復に成功した場合、4億ドルの報酬を出すとのことで、このオファーは約120,000 BTCを盗んだハッカー自身にも公開されており、通貨の価値は13億ドル相当(現在のレート)にも上る。つまり、ハッキングしたハッカー自ら盗まれたビットコインを返却する意思があるならば、Bitfinexは盗まれたビットコインの価値のパーセンテージを与えると公表しているようだ。

今回の報酬に関する発表は、盗まれた資金を回収するための最新の取り組みです。 Bitfinexをハッカーと接触させた者は、回収された総資産の5%(または現在の市場価値の同等の資金または資産)を受け取り、ハッカーは回収された総資産(または現在の同等の資金または資産)の25%を受け取ります。 Bitfinexをハッカーに接続している者、およびハッカー自身に支払われた支払いは、盗まれた資産の回収費用として分類されます。

続けて「すべてのビットコインが回収された場合、このプログラムで利用可能な合計報酬は、現在のBTC価格で最大約4億ドルの価値があります。 2019年に回収されたビットコインは、回収額から1兆3,400億ドルの価値があり、その30%は403,288,427ドルに相当します。セキュリティは、今日の何よりも絶対的な優先事項です」と付け加えた。

Bitfinexはハッキングに対して頭を悩ましており、ハッキング中に活用されたセキュリティの抜け穴や脆弱性に対処するために、かなりの対策を講じているとのことだ。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です