デジタル通貨を用いた決済処理の自動化で有効性を確認 ディーカレットと関西電力が実証実験

仮想通貨取引所の運営も行うディーカレットは5日、関西電力と実施していた実証実験用の独自デジタル通貨発行に関する実証実験で、電力P2P取引における決済処理の自動化に有効性が確認されたことを報告した。電力の小売全面自由化に伴い個人や企業が電源を保有する分散型への移行が想定される中、ディーカレットと関西電力は、電力が直接取引(P2P取引)される仕組みを支える決済処理システムの構築を目指し、デジタル通貨を用いて処理を自動化する実証実験を実施。実証実験では、ディーカレットが構築する「ブロックチェーン上でデジタル通貨…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です