MEW創設者、「完全なETH 2.0はまだ数年先」

MEW創設者、「完全なETH 2.0はまだ数年先」

MyEtherWallet(MEW)の創設者であるコサラヘマチャンドラ氏は、本格的なバージョンのETH 2.0が「まだ数年先にある」とメディアに伝えた。

イーサリアム2.0アップグレードの最初のフェーズは、当初2020年1月に設定されていたが、今週の5周年に合わせて延期されており、それ以来、11月から2021年の初めにかけて発売が見込まれるため、再び延期されていた。ヘマチャンドラ氏はフェーズ0が今年中に発売されると信じているが、ETH 2.0の完全版は2022年までに稼働しないと指摘しており、「ETH 2.0の完全な現実は少なくとも数年先だと思います。」と述べている。

ETH 2.0はSerenityとも呼ばれ、3つのフェーズで構成されており、フェーズ0:ビーコンチェーン、フェーズ1:シャードチェーン、フェーズ2:シャードチェーンの実行である。ヘマチャンドラは、「最近では、ビーコンチェーン(ETH 2.0への最初のステップ)をETH 2.0と呼んでいます。ビーコンチェーンが今年メインネットでローンチすると確信している。現在、それは最終的なテストネットにあり、すでにバグの報奨金として公開されています。」と話す。

ヘマチャンドラ氏は、ETH 2.0の立ち上げに慎重なアプローチを取ることはデリケートな戦略であると付け加えており、 ソフトウェアの更新は、特にユーザーの資金や不変のブロックチェーンを扱う場合、時間がかかることがあると述べた。しかし彼はそれは待つ価値があると話しており、「過去のイーサリアムの反復で見たように、ETH 2.0は、集中型スケーリングソリューションと競合できる安全で持続可能なシステムを作成することにより、ブロックチェーンテクノロジーの定義を再び変えるでしょう」と彼は付け加えた。

ヘマチャンドラはイーサリアムの誕生時から5年後に振り返り、「成長は指数関数的だった、イーサリアム はブロックチェーンテクノロジーの機能を再定義したと言えるだろう。そして、今日Ethereumコミュニティには、多くの情熱的な開発者、新しいユーザーに優しいDApp、そして十分に文書化されたコンセプトがたくさんあります。」と語った。

記事参照:CoinTelegraph

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です