XRP有価証券裁判、リップル社の代表弁護士が「証明不足」を指摘

XRP訴訟で新たな進展仮想通貨(暗号資産)XRPの有価証券問題を巡る裁判で、リップル社側の弁護士が再び反論。原告は、リップル社側の宣伝が虚偽宣伝であることを証明できないと主張した。7月30日に法律サイトlaw360に掲載された最新の法律文書によると、リップル社とCEOのGarlinghouseを代表する弁護士は、原告人BradleySostackによる「リップル社がXRPへの投資をミスリードし、未登録有価証券として販売していた」とする主張は明確に証明できていないと反論した。原告人は、リップル社とGarli…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です