仮想通貨リップル(XRP)が30%上昇し、30頭の新しいクジラが出現

仮想通貨リップル(XRP)が30%上昇し、30頭の新しいクジラが出現

SantimentのXRP保有者分布図によると、リップルが30%の値上がりを見せたことで、100万を超えるXRPを保持するアカウントの数は3.7%増加し、過去2週間で30頭の新しいクジラが確認された。これらの投資家は現在、XRPでそれぞれ240,000ドルから240万ドルを保有しており、これが価格の上昇圧力に貢献していると考えられ、XRPは2週間で0.19ドルから0.25ドルへと30%以上上昇した。

XRPホルダーの分布と価格Santimentより画像引用

推測を除いて、なぜ最近リップルのクジラが増加しているのか背後に明確な理由はないが、XRPはテザーからの時価総額3位の座を取り戻したが、一方で同社は現在投資家からの集団訴訟に直面しているのも事実である。

リップルは、米国消費者金融保護局からの法案で国境を越えた支払いについて認められており、今週初めにリップルのCraig DeWitt(@CryptoCwby)はTwitter上で、XRPに基づいて構築されたP2P支払いプラットフォームを発表している。また、カリフォルニア大学バークレー校の経済政治学教授でリップルのCTOであるデビッドシュワルツ氏との新しいポッドキャストでは、投資家がパンデミック後のインフレの脅威への直接的な対応として一般的にデジタル資産に目を向けていることを示唆した。

デビッド・シュワルツ氏は、「一部の人々は、市場での流動性の増加がハイパーインフレにつながると信じており、ドル価格が高騰しても価値を維持できる投資機会を探しています。金は伝統的に安全な資産であると考えられていますが、デジタル資産は新しいインフレヘッジとしてますます見なされています」と述べた。

実際、最近ゴールドはコロナ第2波を懸念した資金逃避目的の買いが入り、7年ぶりに最高値を更新している。これには米ドルが外国為替市場でユーロに対して下落していることや、投資家によるドルの代替投資先としての需要の拡大が見られるようだ。

これに伴い、リップルなどの仮想通貨についてもリスクヘッジ手段として需要が拡大しており、すでにデジタル・ゴールドとしてのポテンシャルを秘めていると指摘されているようだ。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です