ビットコイン先物ボリューム、3月の暴落以来最高の400億ドルに急上昇

ビットコイン先物ボリューム、3月の暴落以来最高の400億ドルに急上昇

ビットコインの最近の価格急騰は、デリバティブ市場で爆発的なボリュームを伴っており、Skew分析のデータによると、ビットコイン先物市場全体の総オープンインタレスト(または未決済取引の合計値)は50億ドルに達していることが明らかになった。

さらに、ビットコインの価格が12%上昇して約11,300ドルに達した月曜日のビットコイン先物の毎日の取引量は、これまでで2番目に高い数値を記録している。それに伴い、ビットコイン規制および無規制の先物市場全体の先物取引総額は400億ドルを超えているようだ。

ビットコイン先物は毎日のボリュームを集計しました。 ソース:スキュー

Skewより画像引用

これは、3月12日のに記録された500億ドルに次ぐ第2位であり、ビットコインの価格がマクロ市場の急落と相まって、株式や貴金属さえも赤字になった日以来である。この記録的なボリュームは、1万ドルを超えるビットコインを送り込んだ巨大な購入圧力を反映しており、ビットコインの価格上昇は、銀と金の価格急騰にも反映されているようだ。建玉は特定の市場でのすべてのアクティブなデリバティブ契約の合計値を反映するため、建玉が値上がりしている場合や、建玉が高いことは一般に健全な投資活動を意味するとのこと。

今回のビットコイン上昇の理由の1つは、中央銀行が経済の不確実性に対する財政的および通貨的反応を加速させ続けているため、投資家がインフレを回避する代替資産を模索していることにある。

これらのボリュームの大部分は、OKEx、Binance、Huobi、BitMEXなどのデリバティブ製品を提供する規制されていないビットコイン取引所からのものであるが、ビットコインの規制された市場でも取引が盛んになっている。特にCMEの先物市場は、13億ドルの取引高を記録し、過去二番目の取引高を記録しており、去年の終わりにローンチした比較的新しい新興取引所であるBakktは、ビットコイン先物取引高が1億2200万ドルと過去最高を記録している。

最近、米国の銀行がデジタル資産を管理できるようになったというニュースに照らして、ビットコインの機関投資家向け市場での取引量の増加は、富裕層の投資家が今まで以上にビットコインに目を向けている兆候である可能性があるようだ。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です