100万近いビットコインをダークネット&サイバー犯罪者が保有=Chainalysis

100万近いビットコインをダークネット&サイバー犯罪者が保有=Chainalysis

100万BTC近くのビットコインがDark Web市場とサイバー犯罪者によって保有されていることが明らかになった。ブロックチェーン関連の分析企業Chainalysisの報告によると、約100万ビットコイン(BTC)がスペース内の不正なユーザーによって保持されており、半分以上がダークネット市場によって保持されているとのことだ。

違法なエンティティが保有するビットコイン

Chainalysisより画像引用

不法な市場では現在、585,000BTCが所有されており、サイバー犯罪者が99,000 BTCを所有し、盗まれた資金はさらに205,000BTCで構成され、これは現在のビットコインフロー全体の0.32%が不正行為によって汚染されていることになる。サイバー犯罪者は不正な資金取引所に送金して換金しているようで、これはTwitterの最近のハッカーが観察した行動と一致しており、ハッカーは新しく取得した資産を取引所にすばやく移動しているようだ。

違法なビットコインのロンダリング

Chainalysisより画像引用

仮想通貨マイニング企業ビットフューリー傘下のブロックチェーン調査を手がけるクリスタル・ブロックチェーン・アナリティクスの報告書によると、ダークウェブ上で転送されたビットコインの米ドル総額は2020年第一四半期に前期比と比べて65%増加したことを報告している。

送金総額は一年で2億4000万ドルから3億8400万ドルに増加しており、ダークウェブでビットコインの取引が盛んになっているのが現状のようだ。また、本人確認が必要な取引所での仮想通貨送金は減少しており、その代わりにミキシングサービスを利用した仮想通貨送金が主流になっているとのこと。

実際、多くのビットコインが詐欺師や泥棒によって保持されており、近年、仮想通貨取引所は、Know Your CustomerとAnti-Money Launderingの手続きをより真剣に取り始めている。これらのポリシーにより、犯罪者が不正に入手した戦利品をオフロードすることが困難になり、犯罪者による大量の売却が価格の崩壊につながることを防ぐことができるため、市場にとっても良い兆候となるだろう。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です